本文へ移動

総合施設長の部屋

社会福祉法人長岡福祉協会 高齢者総合ケアセンターこぶし園
 
吉井 靖子 (よしい やすこ) 総合施設長
 
【略歴】
 1976年 看護師資格取得後、新潟県内の病院に勤務し、内科・整形外科・脳神経外科病棟を経て、1983年 特別養護老人ホームこぶし園に勤務し現在に至る。
 1997年 こぶし訪問看護ステーションを設立し、全体管理と共に介護支援専門員として居宅介護支援事業所を兼務する。
 2001年 看護部長、2004年 業務・看護部長としてこぶし園全体業務を管理。
 現在、2015年3月より同センターの総合施設長。
 
【役職等】
・新潟県看護協会職能委員会 委員
・日本看護協会職能委員会 委員
・ユニットリーダー研修実施施設選定委員会 委員
・災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバード 理事
・新潟県災害福祉広域支援ネットワーク協議会 幹事
・新潟県小規模多機能型介護事業者協議会 委員
・新潟県立看護大学大学院 講義
・長岡赤十字看護専門学校 講義
・長岡市地域包括ケア推進協議会 委員
・長岡市高齢者保健福祉推進会議 委員
 

小山前総合施設長の部屋 ~未来への架け橋~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新年の挨拶  

2016-01-01
 新年明けましておめでとうございます。
 昨年は、こぶし園にとって大きく組織体制が変わるといった1年となりましたが、皆様方からの暖かいお声がけや御支援を賜り、こうして新しい年を迎えることができましたことを心より感謝申し上げます。本当に有難うございました。
 これまで地域社会で高齢者が暮らし続けることを支える仕組み作りを続け、また特養の分散も完了させることができました。
 これからも地域で生活できるサービス提供体制に努め、33年間築き上げてきた歴史の上に新たな歴史を積み重ね、繋げて行きたいと思っております。
 本年も御支援・御指導を宜しくお願い申し上げます。

後任施設長就任のご挨拶

2015-07-31
当法人こぶし園の小山園長が平成27年3月13日に膵臓癌で亡くなられて早3ヶ月が経ちました。平成27年5月24日地元長岡を会場に、その後5月31日には東京を会場として「小山園長を偲ぶ会」が開催されました。両会場とも多くの出席をいただきまして皆様と一緒に小山前園長を偲ぶことができました。その他、各団体やフォーラムにおいても偲ぶ会がそれぞれ開催され、改めて小山前園長が築き上げてきた数多くの実績やその大きな人柄に気付かされた次第です。それと共に一人の人間の生きる姿や生きる意味をも深く考えさせられる思いがあり、このような人間の下で同じ時を過ごし共に働くことができたことは大きな誇りであり感謝の気持ちで一杯です。
 私自身、小山前園長とは生活相談員と看護師として出会い、長い間共に一番身近な距離で働かせてもらうことができましたし、長きに渡り本当に多くのこと教えてもらいました。これからはその教えを活かし小山前園長との約束の期間、後任として勤め努力し今後を担って行くスタッフ達に繋げていくことが私の大きな役割かと思っております。
 今後も共に築き上げてきた「こぶし園」の灯を途絶えさせること無く、その意思を継いでスタッフ全員で協力し合い「地域包括ケアシステムの完成」に向けて前進して参りますので、これからも皆様方からのご支援とご指導を賜りますよう、また暖かく見守っていただけますよう心からお願い申し上げ、遅くなってしまいましたが小山前園長の後任としてのご挨拶を申し上げます。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

こぶし園 施設長 吉井 靖子
仕事と介護の両立サポート事業
↓会員専用ログインページ

「長岡医療と福祉の里」インフォメーションセンター
…………………………………………

 

2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
0
1
4
4
9
7
TOPへ戻る